イストを土日のみで安く買う!


土日の二日間だけでイストの値引きを出来る限り引き出して、イストを安く買う方法です。

 

イストのライバル車(競合車)の交渉も加えて、イベントやフェアを開催する土日を狙って商談します。

土日だと決算期やボーナス商戦の時期なら毎週のようにイベントやフェアが行われます。

 

マイナーチェンジやフルモデルチェンジ後の新型車が出れば、土日に「○○発表会」とイベントやフェアが行われるでしょう。

 

たとえイベント対象の新型車が購入希望車でなくても、その新型車を客寄せにして来客数を増やす狙いもディーラーにはあります。

 

また、フェアやキャンペーンが行われている土日なら、フェア用のノルマがディーラーやセールスマンにはあります。

 

値引きの決裁権を持った店長・所長も控えていて、その場でイストの値引きの決済が取れるでしょう。フェア・キャンペーン用の特別な値引枠がある事も。

 

買う側の事情も土日が休みだからと言うのも大きな理由ですが、土日の二日間を利用して、イストの大幅値引き獲得を目指しましょう。

 

できれば事前に出来るだけ情報収集をしておきます。イスト一発交渉のように情報収集しておけば、イスト商談中の様々な状況に対応する事ができます。

 

~ 土曜日 ~

・下取り車の相場を知る

まず下取り車があれば、下取り車の相場を調べます。これが分かっていれば、ディーラーでの査定額が妥当なのか、それとも後々値引きの上乗せと称して査定額を上げていく戦略なのか、様々な判断ができます。事前にネットで調べても良いですし、当日に買取店を回ってみても良いでしょう。

 

・ライバル車のディーラーへ行く

イストの対抗としてライバル車のディーラーへも行ってみます。インプレッサやカローラルミオンなど価格や値引きでも一番対抗できそうなライバル車を一つ選んだら、そのディーラーへ行って、見積もりと下取り車があれば査定をしてもらいます。

 

ライバル車のディーラーへ行くのは、基本的にこの1回のみです。2日間の交渉なので極力無駄を省きたいので、イストのディーラーへ行った時に、他と競合している事を伝える時に、よりリアリティのある会話をするための情報収集という意味合いがあります。

 

ライバル車の値引き交渉はそれほど頑張る必要はありません。とりあえず「イストと商談している」「そこではかなりの値引きが出ている」などと言って、「こちらはいくら値引きできるのか?」などを聞いておきましょう。

 

そして下取り額も、買取店の査定額をディーラーに伝えて出来るだけ頑張ってもらった査定額を聞きましょう。

 

・本命イストの各ネッツ店へ行く

ここまでで、「①買取店の相場、②ライバル車の値引き額、査定額」の情報があります。この情報を基に、イストの各ディーラーへ1回目の商談を行います。地元地域のディーラーの他、越境が可能なら隣県のネッツ店など、できるだけ多くのディーラーで商談します。

 

そこでは、「今ライバル車(ルミオンなど)のディーラーへ行ってきましたが、すごい条件を出してもらってかなりルミオンに気持ちは傾いています。でももしこちらでもすごい金額が出れば、この場で決めてもいいかなと思っています。」などと言って査定、見積もりを依頼します。

 

そこでセールスマンから、「ライバル車はいくら出していますか?」と聞かれても、「かなり出してもらってます」とか「もう目いっぱいの金額です」などと言って、具体的な金額は出しません。具体的な金額を言ってしまうと、その金額がベースとなってイストの限界を超えた値引きが引き出しにくくなってしまいます。

 

そして下取り車があれば査定をして、具体的なイストの条件提示があるでしょう。もしここでかなりの好条件が出ても表情に出さず、冷静に対応します。

 

下取り額が買取店の査定額やライバル車ディーラーの査定額よりも低ければ、買取店やライバル車での査定額を提示して、「買取店では○○万円でしたよ」「他のディーラーでは○○万円でしたよ」と査定額の条件アップを迫ります。

 

値引き額は、具体的な数字は伏せて「他はもっと頑張ってくれましたよ」と上乗せを迫りましょう。もし契約を迫られても「大きな買い物だから嫁さん(親)と相談しないと決められない」「ローンを使うかもしれないから家で検討したい」などと言ってその場は引きます。

 

同じように他のイストのネッツ店でも1回目の商談を行います。そしてそれぞれのディーラーでイストの値引きを引き出します。この時点では契約を盾にして、各ネッツ店の限界付近のイストの値引き額を出せれば、ひとまず成功です。

 

土曜日のポイントは、契約を盾にイストの限界付近の値引きを引き出して、契約を迫られてもいかにその場から逃れられるか?になります。

 

なお土曜日の時点では、他のネッツ店で商談している事は伏せておきます。いきなり1回目の交渉でイスト同士の競合をしてしまうと、「相手に合わせます」などと言ってきて、値引き額が伸びない事があるので、イスト同士の競合は日曜日に持ち越します。

 

~ 日曜日 ~

・イスト同士の競合

日曜日は前日の一番値引きが少なかったディーラー(仮にネッツA店)から回ります。イストの値引き条件が一番良かったディーラー(仮にネッツB店)の条件を一番条件の悪かったネッツA店にぶつけます。

 

「この条件よりも安く出来ますか?」とイストの値引き額の上乗せを迫ります。そしてネッツB店を上回る条件を提示してきたら、ここで初めて具体的な金額を伝えます。

 

「予算は○○万円です。この金額になればこの場で契約します」とやります。(大幅値引きのかなりの条件です)

 

それが通れば、最後に若干のオプションサービス、ガソリン満タンなどを要求してネッツA店と契約で良いでしょう。こちらの予算を伝えて「無理です」「○○万円が限界です」と通らなかった場合は、「ではこの条件で嫁さん(または親)と相談して決めたいと思います。後ほど連絡します」といったん保留して、そのネッツA店の条件は確保しておきます。

 

そして前日に一番条件の良かったネッツB店へ行き、先ほど出たネッツA店の条件を同じようにぶつけます。ネッツA店の条件を上回ってきたら、又は同等の条件が出てきたら、さらに安い希望額を伝えて、それが通ればイストの契約となります。

 

希望額が通らなくてもネッツA店の条件と同等、又は上回っていれば、そこからオプションサービスなどを要求しながら、妥協点を見つけてイストの契約となります。

 

このように、目標額を達成するまでイストの各ディーラーを回り、目標額まで行かなくてもオプションサービスなどで妥協点を探り、お買い得と思ったらイストの契約となります。

 

全てがうまく行くとは限りませんが、土日の二日間でそれなりの値引きは引き出せる方法だと思います。各ネッツ店を上手に競合させながらイストの大幅値引きを目指しましょう。

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2015 トヨタ イストを安く買うなら! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com